SEVENTEENがいなかったら死んでいた――②

2019年夏の日。

コロナのない、あの頃。

かねてより、我が母と妹はK-POPアイドルにはまっていた。

悪いが、私は硬派な人間なのでアイドルなどにうつつを抜かさぬ。

正直なところを申せば、当時の自分はK-POPアイドルにきゃあきゃあいう女・子供を軽蔑していたし、K-POPアイドルそのものにも、女・子供にきゃあきゃあ言われる軟弱な者と、偏見を持っていた。

 

そんな自分に運命の日が訪れた。

2019年9月28日。

わたしは敗者だった。

 

人間は、社会との接点をいくつか持っていると思う。

当時の私は、その社会との接点がいずれも破綻していた。

30歳を前に破綻していた。

 

「こんな状況で、これからも生きられるのか⁉」と、

映画『バッファロー66』の、洗面所で「生きられない」とおめいたヴィンセント・ギャロのような状況だった。

 

そんな折、K-POPアイドルにきゃあきゃあ言う女・子供である我が母と妹と、ひょんなことから高畑勲展に出向くことになった。

日本のアニメの発展を見、高畑勲氏の功績を見、大いに心を揺さぶられた。

会場を後にし、竹橋の駅へ向かう。すると、母と妹がどちらからともなく、「まだ時間もあるし、せっかくだから新大久保へ行こう」という。

 

……なにがせっかくなのだろうか?

 

正直困惑したのだが、私は、この世界のあらゆることを知りたく、

かつ、「偶然」を愛している。

つまり、こうした突拍子もない提案に興奮を覚えてしまうヤバいメンタリティを持っているため、

「じゃあ、行こう。アイドルとか正直知らないけど。いいよ別に」

などと言って、新大久保へ向かったのである。

 

初めての新大久保。

立ち並ぶ、勝手に写真を使って制作されたK-POPアイドルのグッズ群。

コンサート映像の違法DVDがわんさか陳列、どれも500円程度(3枚だと1000円とかさらに安くなる)。

その横に、本人たちが来日してこの店に来た時に

したためたサインが並んでいる。謎。

公式とか非公式とか置いといて、「好き」が噴出しまくっている。謎。

 

店内には、お化粧をしている端正な顔立ちの男性アイドルのポスターが至る所に貼ってある。

なんとコメントするべきなのかもわからない。

でも何か、言葉にはできぬが、心が動いてしまう。

それは、恋愛や性の対象というのとはまた違う。

知らなかった異性の像を、私の網膜は結んだ。

受け入れがたい気持ちもある。でも、そう感じる自分の心を、じっくり見てみたい気がした。

そこに、私の「敗者」としての要因がある気もした。

 

……などと、一人で屈託しながら陳列棚を眺めていた。

隣では、母と妹が、私だったらどのグループにはまるだろうかと議論を始めた。

私は、衝撃を受け動揺している自分を隠して、こう言った。

 

「ふ~ん。これが流行っているのね。

 出版業界にいるからさ、最新のトレンドも知りたいし。

 1枚500円だから、ふたりのおすすめを1枚ずつ選んでよ」

 

その言葉を受けた母と妹は、海賊版DVDがびっしりと並ぶ棚の前で小一時間ほど真剣に悩み、さんざんに迷った。

挙句、母はSHINee、妹はSEVENTEENのDVDを選んだ。

 

その時の私は、まさか、こんなことになるとは思っていなかった。

海賊版の解像度ボロボロの映像が、私の人生を変えてしまうとは、

まったく予想だにしなかったのである。

 

お会計をして、ゆるやかな階段をあがっていった。

その場所は、韓流PLAZA。

当時はSEVENTEENさんの直筆サインが飾られていた。

ぜひ行ってみてほしい。

2020年以降の爆発的なKブームの影響か、

今や直筆サインも海賊版のグッズやDVDも撤去され、

コスメやアクセサリーばかりになってしまったのだった。